底砂編

今回は導入する底砂を紹介したいと思います。

オレンジチェリーシュリンプ用に購入した底砂は

SDシンセー 津軽プレミアム

という砂利なります。

2kgのものをレヨンベールアクアで送料合わせて999円で購入しました。

Amazonでも注文できるのですが、2kgは常に売り切れ状態なので、5kgを購入するしか入手できません。

なぜ、ソイルではなく、砂にしたかの理由を書きたいと思います。

まずソイルのメリット・デメリットです。

水質がすごく安定するのは良いのですが、ソイルの効果が切れた時に水槽のリセットが必要で、

その時エビにダメージを与えてしまったり、ソイルの再購入が必要になります。

今度は、そのソイルと対比させた、砂のメリット・デメリットを書きます。

やはり、リセットの必要が無いというのが大きいです。

多少水質の安定性が落ちますが、私は砂を敷くことを選びました。

次に砂の中でなぜ津軽プレミアムを選んだかを書きますと、

砂の種類としては「田砂」と「大磯砂」を加えた3種類しか知識がありません。

それぞれの大きな違いは砂の大きさとなります。それ以外はほとんど違いがないという認識です。

田砂は使ったことがあるのですが、

水換えの時、プロホースで田砂も大量に吸い取って面倒になるので、

今回は田砂は利用しません。

津軽プレミアムはまだ使ったことがなく、

この砂も田砂のように吸い込んでしまうのか、

という興味だけで今回導入を試みました。

今回は以上です。

この回でかかった費用は999円となります。

ここまでの総計が3,378円となっております。

これから水槽を立ち上げる方はご参考までに!