生体導入編

今回はついに生体を導入したいと思います!

導入する生体はタイトルにもある通り、オレンジチェリーシュリンプとなります。

(エビ) オレンジチェリーシュリンプ(8匹) 本州・四国限定[生体]

私は生体はCHARM(Amazon経由)で購入することが多く、今回もAmazonとしました。

今回は8匹注文しました。

生体導入の前に前回からの変更点を記載します。

1つ目はエアレーションを導入したこと。

2つ目は、水質安定のため、一週間ほどパイロットフィッシュとして、アカヒレを入れたということです。

エアレーションについては、

ネット上では、不要という意見も多く、現状では過密というわけでもないですが、

やらないよりは、やったほうがいいかなと思い、導入しました。

 

エアーポンプは

水作 水心 SSPP-3S

個人的には真っ平らなところに置くと振動音など感じないのでオススメです。エアーの量を調整できる、3Sか2Sが良いと思います。

 

エアーストーンは

点適法で生体にやさしい 水抜き・水合わせキット

こちらを使用しました。

上記はキットとしてまとめられたものなので、役割をはたすのであれば、もっと安価なものでも良いです。

1つ目については以上です。

 

2つ目の

パイロットフィッシュによる水質安定についてですが、

こちらもネット上ではやらなくて良いという意見もありました。

 

私の考えとしては、チェリーシュリンプ(ミナミヌマエビ)は水質に敏感

だと思ったので、アカヒレを以前から飼育していることもあり、パイロットフィッシュによる水質安定を試みました。

 

長くなりましたが、前準備としては以上です。

到着後、水合わせ中。

死着はありませんでしたが、1体元気ない生体がいて、心配です。

1時間ほど水合わせ後に1匹ずつ水槽に入れました。

水が合わないとエビは暴れるそうですが、

3匹ほど暴れたというか、、水量に乗っている生体がいました。

水合わせが十分でなかったのか、それとも何かの特徴なのかは不明です。

 

ちょっとエアストーンやフィルターの水流が強かったのが反省点です。

 

二日後の様子ですが、一応落ち着いております。

色が華やかで、ずっと見ていたいです。

まさにアクアリウムの見所となります!本当にオススメしたいです。

今回は以上で、導入編はここで終わりとなります。

 

次回は1週間後ぐらいの経過報告と今後の目標を記載したいと思います。

 

この回でかかった費用は

チェリーシュリンプ:2,027円(送料込み)

水作のエアーポンプ:1,827

エアストーン等:648

パイロットフィッシュ:プライスレス

ここまでの総計が11,636円となっております。

 

これから水槽を立ち上げる方はご参考までに!