2018年7月15日(日)に浅草で行われたアクアリウムバスのレポートです!

2018年7月15日(日)に東京・浅草で行われた熱帯魚などの即売会

アクアリウムバス

に行ってきたのでレポートします!

イベントの詳細は公式サイトより確認ください。

アクアリウムバス

アクアリウムバスは、個人でも出店できる即売会として、16回目の開催を迎えます。アクアリウムバス次回開催は2018年7月15日(日)に決定しました。
熱帯魚をはじめ、爬虫類、小動物、両生類から水草専門店や、ハンドメイド、アートグッズなど様々なジャンルのお店が集まった生き物関連の即売会です。
初めての方でも、一人でも出店される方も多く、気軽に出店してください!

まず、現場レポートとなります。

 

私は11時30分開始の5分前に現地に着きましたが、その時点でかなりの行列が出来てました。

後方は見ていませんが、建物の外まで並んでいた可能性があります。

 

11時30分を過ぎると少しずつですが、会場は進めるようになりました、イベント会場は建物の6Fなので、階段でジリジリと進んで行きました。

会場に入場できたのは、15分後の11時45分ごろでした。

入場料は1000円で、再入場とかもできるみたいです。

 

会場の中はかなり混んでいました。

お祭りの夜店みたいなイメージで、狭い通路に2,3人通れるかのギュウギュウでした。

 

出店品はいろいろなものがありました。

ベタ、メダカ、グッピー、コリドラス、ザリガニ、亀などの熱帯魚の種類が多く、水草を出す店も多かったです。水槽等を出すところもあり、あと有名アクアリウム企業のGEXも自社製品を出店していました。

熱帯魚系の他にも、ヘビなどの爬虫類やカワウソとか、あとヒヨコなども売ってました。

その他にはコリドラスのイラストが書かれたTシャツなどのアクアリウムのグッズ店もありました。

そしてアクアリウムが当たるハズレ無しをうたったくじ引きが印象的でした。

 

次に商品の値段ですが、結構安く設定されていると思いました。

私が今飼っているコリドラス・パンダは3匹で税込み1,100円でしたが、このイベントでは3匹600円で販売されていました。

モス付き流木も500円で販売されていて、見たこと無い値段設定なのです。ただ流木が5cmぐらいでかなり小さく、このイベント用に制作されている感じもありました。

 

在庫については、商品は豊富に残っていました。とても1,2時間では無くならないだろうという感じです。

ただ人気商品は残り1つとかもありました。

というのもこのイベント入場料2000円払えば、10時30分からの1時間早く入場できるようになります。

早く入場することで、目的の商品が購入できる可能性があります。

早期入場の込み具合は分からなかったので、知りたいところでした。

 

現場レポートについては以上です。

ここからは感想です。

 

事前に前回の様子を撮った動画を見て、込み具合とかをチェックしたのですが、

予想を裏切られ、込みすぎでした。

1時間もすれば、会場にはスムーズに入れるので、今回の在庫状況から考え、次回は少し遅めに行きたいと思います。

 

商品については、魅力的なものが多かったです。

私は今回、

目的のものがなかったですし、現状の水槽状況などから、衝動買いはしませんでしたが、少し後悔しています。

 

流木付きモスなど、小さい流木の方が私は好みなので、購入しても良かったかなと。

 

最後に、

今回のイベントに行ってみて、アクアリウム今ブームだなと思いました!

もちろん、今回のイベントは熱帯魚以外の動物も取り扱っていましたが、入場者数の多さを見ると

キテル

感じがしました。

以下のような記事もあります。(リンク切れてたらスミマセン)

Yahoo 空前の「メダカ」ブーム、価格高騰の背景に品種改良と希少性

 

次回は2018年11月に開催されるようなので、水槽環境を整えて何か購入したいと思いました。