生体導入から1ヶ月で分かったこと

今回は

オレンジチェリーシュリンプの現状と約1ヶ月程飼ってみて思ったこと

を書きたいと思います。

まず、

現在のオレンジチェリーシュリンプの生体数は
8日目に8匹から6匹になってしまったあと、あれからどうなったかというと。。。


6匹のままです。


チェリーシュリンプはすこし大きくなったと思います。

水槽の状況としては
モスが少し増えて、水槽の側面に苔が現れてきました。

次に思ったことです。


まず、オレンジチェリーシュリンプのオレンジ色についてです。

 

このオレンジ色が普段食しているエビの色と若干にているなとおもいました。

流石に、

チェリーシュリンプを食べたくなったとか、、逆に食用エビを食べる気なくなった
とかそんな思いはありません。

さらに、

 

底砂としてすかっている津軽プレミアムとチェリーシュリンプが
若干色味が似ていて、

あれ、エビどこ行った??

ということがあります。

 

砂の色が赤成分が多く、区別がつきにくいです。

津軽プレミアムと色が似ていることに対して、底砂を変えようとも思っています。

エビに合う黒系の砂があればいいのですが、ソイルになるんですかね。

ソイルにしたい理由はもう一点あります。

 

外掛けのフィルターのスポンジを居心地がいいからか、チェリーシュリンプがかなり好きで。

ただ、自分としてはもう少し手前に来てほしい気持ちがあります。


このスポンジを無くした、底面フィルターでも飼育を試したいです。

 

ということで、
底面フィルター+吸着系ソイルで飼育してみたいなと思いました。

以上、

購入時はオレンジ色は映えるなと思ったのですが、

導入してみたら、意外と思うことが多かったです。

 

もし周りで似たような色のチェリーシュリンプを飼うヒトがいるのであれば、
イエローチェリーシュリンプを勧めるかなと思います。